トップページ  >  コラム

コラム

特許・実用新案・意匠・商標などについて、最新のコラムを掲載しております。

コラム

知的財産権講座(42)

和歌山大学顧問

杉本特許事務所所長弁理士 杉本勝徳

「こんな発明あんな特許」(10)
「火葬人形」(特開平9ー192181号)特許請求の範囲『遺体とともに柩内に収納して火葬に付する火葬人形であって、原料土を適宜の人形姿態に成形して焼成してなり、人形内部を空洞とする一方、該人形内部に通ずる孔穴を人形の適宜位置に穿設したことを特徴とする火葬人形』。この発明は面白い。

日本では死後火葬に付されてしまい、個人の物としては遺骨しか残らない。この発明は遺体とともに火葬に付するのであるから、個人が焼けて骨になるまでずっと遺体に寄り添っていることとなる。火葬後にこの人形を取り出すと、火葬のプロセスすなわち個人があの世に行くまで寄り添っていたのであるから、遺族にとってはこれ以上ない個人の形見になるでしょう。

故人とともにあの世にお供した形見として、いつまでも仏壇にお祭りして手を合わす対象になると思われます。ところでこの発明は特許になるのか。人形に故人とそっくりの顔・形にすれば可能性があるかも知れませんが、単なる土の人形で中を空洞にしただけではどうかな、と思われます。

最新のコラムはこちら

このページの先頭へ