トップページ  >  コラム

コラム

特許・実用新案・意匠・商標などについて、最新のコラムを掲載しております。

コラム

知的財産権講座(58)

和歌山大学顧問

杉本特許事務所所長弁理士 杉本勝徳

「こんな発明あんな特許」(26)
超ハイテクのSTAP細胞の発明から、がらりと変わって身近に存在する商品の発明について色々述べますが、今週は電信柱について述べます。何気なく立っている電柱ですが、道路際に立っている電柱は通行の邪魔になりがちで嫌われものです。

特に狭い道路では対向車が来ると電柱の手前で停止して、対向車をやり過ごす事が日常茶飯事であり、また電柱に衝突して事故ったり死傷者が出たりします。道路際の電柱はそれほど厄介な存在ですが、街中でも地下に電線を潜らせて電柱を廃止することが進んでいません。今週はこの街中の電柱ではなく、郊外の道路に立っている電柱の発明の話です。

郊外の道路際の電柱は余り気にならないのですが、実は電柱の方で郊外は厄介な立地条件になっており、泣き所です。郊外の道路を車で走っていて目につくのは、ワイヤーが数本45度の角度で電柱の頂部から地面に向かって張られてることです。次週はこの電柱の嘆きを助けるための発明について説明します。


前回のコラムはこちら

このページの先頭へ